沿革

泉会ホーム > 泉会について > 沿革

沿革

1953年10月 世田谷区大蔵町の国立大蔵病院内に身体障害者更生相談所開設
1954年 1月 泉会設立
1956年 1月 財団法人泉会認可
1957年11月 社会福祉法人泉会認可 生活保護授産施設「泉の家」開設
1960年 9月 身体障害者授産施設となる
1964年11月 世田谷区岡本町に増設
1970年 3月 世田谷区大蔵町の施設を閉鎖
1971年 5月 西多摩郡日の出町に重度身体障害者授産施設「日の出舎」開設
1985年 4月 世田谷区岡本町に身体障害者通所授産施設「東京都世田谷区立岡本福祉作業ホーム」開設 (設置者 世田谷区)
1988年 4月 日の出舎の敷地内に身体障害者通所ホーム開設
1992年 4月 世田谷区玉堤に身体障害者通所授産施設「東京都世田谷区岡本福祉作業ホーム玉堤分場」開設 (設置者 世田谷区)
2003年12月 日の出舎にて短期入所事業を開始
2005年10月 あきる野市に東京都重度身体障害者グループホームBタイプ「あかさか」開設
2007年 2月 グループホーム「あかさか」を「いずみ」に改名
2007年 4月 泉の家にて短期入所事業を開始
2008年 4月 岡本福祉作業ホーム及び玉堤分場、新法へ移行のため、事業種別を生活介護・就労継続支援B型・就労移行支援に変更
2008年 7月 泉の家、改築工事のため、入所事業閉鎖
2008年 8月 泉の家、改築工事のため、仮事業所の弦巻に引越し、就労継続支援事業B型定員20名。短期入所事業、単独型2床に変更
2010年 4月 泉の家、特定障害福祉サービス事業、多機能型開始
生活介護事業定員20名・就労移行支援定員6名・就労継続支援B型定員25名、短期入所(単独型)3床
2010年12月 日の出舎、改築工事
2011年 1月 日の出舎、事業種別変更
入所支援「日の出舎」:短期入所・生活介護
通所事業「就労日の出舎」:就労継続支援B型に変更
2011年 2月 日の出舎、改築工事
2012年 1月 日の出舎、竣工
2012年 2月 日の出舎、短期入所を併設型と空床型に変更
2013年 6月 日の出舎、特定相談支援事業「相談日の出舎」開始
2015年 1月 あきる野市にグループホーム「のぞみ」竣工
2015年 4月 共同生活援助(グループホーム)「のぞみ」開設
2015年 4月 岡本福祉作業ホーム内に特定相談支援事業
「相談支援センターおかもと」開始
2017年 2月 就労日の出舎、竣工