コイノニアかみきた 事業案内

泉会ホーム > コイノニアかみきた > 事業案内

事業案内

“コイノニアかみきたのご紹介”

開所までの経緯

都有地活用による地域の福祉インフラ整備事業(都営上北沢一丁目第2アパート創出用地)

 
2015年8月 東京都福祉保健局より公募
2015年10月 借受申請書類の提出
2016年1月 世田谷区選定委員によるヒアリングの実施
  *泉会の提案が認められ借受者として決定をいただきました!
2016年4月 上北沢一丁目住民説明会の実施
2016年6月 平成29年度障害者(児)施設整備事業計画書の提出
2016年11月 平成29年度障害者(児)施設整備費補助に関わる国庫補助協議書の提出
2017年8月 補助内示あり
2017年9月 工事業者入札申し込み
2017年10月 工事業者入札
2017年11月 工事業者契約、工事着工
2018年9月 工事竣工
2018年11月 コイノニアかみきた、事業開始

 

コイノニアかみきた 事業案内(就労継続支援B型)

サービス内容 就労継続支援B型
定 員 30名
利用対象者 世田谷区在住の方、受給者証をお持ちの方、知的・身体・精神障害者手帳をお持ちの方
活動内容

水耕栽培 〔葉物野菜を中心に生産・販売を行ないます。できた野菜は、パン工房で販売を行ないます。また、出張販売を行います。その他、定期的に納品できるよう販路拡大を図ります。〕

パン工房 〔パンの生産・販売を行ないます。できたての焼きたてパンは、店頭で販売を行ないます。また、近隣への出張販売、その他学校などでの販売ができるよう販路拡大を図ります。〕

喫茶スペース 〔近隣の方々が、パンを購入し気軽に購入し食べられる喫茶スペースを設けます。パン類の他、飲み物・自主生産品などの販売も行ないます。〕

軽作業 〔障害特性に配慮し、下請け作業や自主生産品の作業を行います。〕

日常生活指導 〔作業活動を通して集中力、協調性、社会性を高める支援を行ないます。また、野外作業を通して、体を動かし心身の活性化を図ると共に、健康を維持していきます。〕

設 備 水耕栽培LED室、パン工房、喫茶スペース、作業室、多目的室、個別ブースなど
通 所 公共交通機関を利用して自力で通所していただきます。
京王線、上北沢駅より徒歩約10分
小田急バス、八幡山バス停より徒歩約3分(梅01)

コイノニアかみきた 事業案内(生活介護)

サービス内容 生活介護
定 員 20名
利用対象者 世田谷区在住の方、受給者証をお持ちの方、知的・身体・障害者手帳をお持ちの方
活動内容

日常生活指導 〔ストレッチ、リラクゼーション、マット上での活動も必要に応じて行ないます。〕

健康管理 〔毎日のバイタルチェック、口腔ケア、服薬、食事など、医師の指示や専門職による医療的アドバイスを得ながら行ないます。〕

創作活動 〔絵画、リトミック、音楽活動をなどおこないます。〕

作業活動 〔紙漉、ビーズのアクセサリー作り、アルミ缶つぶし、園芸作業などを行ないます。〕

余暇活動 〔調理、外出、カラオケ、映画鑑賞、季節行事などを行ないます。〕

入浴の提供 〔支援区分6で、入浴を希望される方に週1回機械浴槽にて入浴介助を行ないます。有料〕

設 備 生活活動室、スヌーズレン室、カームダウン室、多目的室、浴室、だれでもトイレなど
通 所 送迎車両により、送迎をいたします。
 

生活介護の一日

一人ひとりのニーズに合わせた活動

生活介護では利用者の多様なニーズに対応できる様、創作活動・レクリエーション・野外活動などたくさんのプログラムを用意しています。また、移動・食事・排泄・入浴支援は利用者個々の様子に合わせ、適切で安全な介助を心がけ、利用者が安心して通所できる様努めています。

コイノニアかみきた 生活介護 1日の流れ 東京都世田谷区 

コイノニアかみきた 生活介護 1日の流れ 東京都世田谷区 

就労継続支援B型の一日

利用される方の目的に合わせた支援

就労継続支援B型では作業活動を通して、自己能力の向上や維持に必要な訓練や支援をいたします。水耕栽培で葉物野菜を中心に生産・販売、パン工房「いっちょうめパン」にて販売と喫茶スペースで飲み物や自主生産品の販売、軽作業などの受託作業を行います。

コイノニアかみきた いっちょうめパン 水耕栽培 就労継続支援B型の一日

コイノニアかみきた 就労継続支援B型の一日 東京都世田谷区 いっちょうめパン 水耕栽培