理事長ごあいさつ

泉会ホーム > 泉会について > 理事長ごあいさつ

理事長ごあいさつ

『信じ・望み・愛する』

わたくしたち『泉会』は、約60年前(1954年)に戦傷元軍人を支援する援護施設として始まりました。まだ社会が混乱していた時代にあって、会の創始者は身体の不自由な方々に温かい眼差しを向け、ハンディキャップを持つ人々の人権が守られ、社会で自立できることを願い、多くの賛同を得ながら、一歩ずつその歩みを始めました。

そして『泉の家』の施設は世田谷区の大蔵町から岡本町へと場所を移し、また、『日の出舎』は西多摩郡日の出町の地に重度な方々の施設として拡大していきました。その後、『泉の家』、『日の出舎』の両施設は最近数年間に建物の建て替えを行い、時代の要請に応える障がい者福祉施設としてさらなる努力を継続しています。

一方で、行政の福祉政策は近年大きく方向転換し、障がい者の地域での自立を強く求めています。現在はこうした方向転換の途上にありますが、泉会は新たな業務(グループホーム・ケアホーム、相談業務など)の検討を始めています。

これからも、わたくしたちが積み上げてきた、「福祉」という人が人を支える基本ともいえる愛の営みを、日々しっかりと次世代へ受け継いでいきたいと考えております。今後とも、皆様のご支援を頂きたく、お願い申し上げます。

理事長 佐分利正彦